話題の動画配信サービス比較、満足度・コスパの高いサービスを徹底比較、オススメを紹介

インターネットに接続できる環境があればいつでも、どこでも好きな映画、テレビ番組、スポーツ、アーティストのミュージックビデオやライブが観られる動画配信サービスです。

一昔前には衛星アンテナや受信のための機器を揃えて、4,000円を超える高い月額費用が必要だったことを考えると、月額費用も1,000円程度とお手軽ですが、有名なサービスだけでもアマゾンプライム、ネットフリックス、Hulu、TVer、AbemaTVとサービスもたくさんあって、どれがいいの?なにが違うの?と迷うことばかり。そこで、オススメの動画配信サービスを紹介します。

たくさんサービスがあるし、違いがわかりにくいんだよね。

オススメはやっぱりナンバーワンのアマゾンプライムビデオ?

プライムビデオはとにかくコスパがいいので、入っておいて損はない。自分や家族の趣味にあわせて、もうひとつ入るとより楽しめるので、このサイトではプライムビデオになにを加えるのが良いのか紹介していくよ。

動画配信サービスの種類

動画配信サービスには、月額見放題(SVOD)、無料見放題(AVOD)、レンタル(TVOD)と課金方法によって種類があります。

ネットフリックス のように月額見放題のみのサービスもあれば、アマゾンプライムやHuluのように、基本は月額見放題で最新作はレンタルを組み合わせたサービス、TVerのように無料見放題、AbemaTVのように無料見放題が基本で月額見放題が組み合わさったものなど会社によって形態が違います。

月額見放題のみ、無料のみというサービスはわかりやすいのですが、月額見放題だと思って入ったのに絶対見たい作品は有料だったということもあるので、どのようなサービスなのか理解して利用しましょう。

 

提供形態サービス
月額見放題+レンタル

定期的に見放題のタイト
ルは入れ替え、最新作や
見放題対象外の作品はレ
ンタル

アマゾンプライムビデオ
アップルTV+
dTV
dアニメストア
ディズニーシアター
U-Next
Paravi
ビデオパス
DMM動画
Tutaya TV
Rakuten TV
ゲオTV

月額見放題のみ月額料金のみで追加で費
用のかかるサービスはな
ネットフリックス
Hulu
DAZN
NBA楽天
J Sportsオンデマンド
バンダイチャネル
NHKプレミアム
NHK+
テレビ東京ビジネスオンデマンド
スカパー!オンデマンド
Dplay
月額見放題+無料月額料金のみで視聴でき
るサービスが基本で、テ
レビ番組の見逃し配信や
ドラマシリーズの1話目
などを無料で視聴できる
サービス
FOD
新日本プロレスワールド
無料見放題広告が配信されることで
月額などの費用なく利用
できるサービス
TVer
Gyao!
日テレ無料TADA!
ネットもテレ東
TBSフリー
テレビ朝日キャッチアップ
スポーツブル
レッドブルTV
無料見放題+月額見放題無料見放題で視聴できる
が、見逃し番組の視聴な
ど一部の視聴に月額費用
が必要なサービス
AbemaTV
 

見放題と書いてあってもすべての作品が見放題ではなくて、新作はやっぱりレンタルでお金を払わなきゃいけなかったり。テレビ番組の見逃し放送は無料だったり、仕組みが複雑なので内容を理解してから入りましょう。

これだけ動画配信サービスが充実してくるとDVDプレーヤーや全録みたいなものは買わないで、見逃し放送とか使うので十分な人も多いと思うので、テレビに関わる費用や設備を全部見直していきましょう。

みんなが利用しているサービスは?

動画配信サービスの利用経験、満足度などはオリコン、MMD研究所、インプレス総合研究所、映像メディア総合研究所など多くの会社が調査しています。調査や実施タイミングによって結果は違いますが大枠の結果としては以下のようになります。

無料動画配信サービスはTVerが圧倒的に強く、AbameTVが続く。

有料動画配信サービスでもっとも利用されているのはアマゾンプライムビデオ。プライムビデオから大きく差はあるが、Hulu、Netflix、DAZN、dアニメストアが続く。

利用者の満足度ではNetflixがもっとも高く、アマゾンプライムビデオ、HuluやU-NEXTが高い満足度。

 

動画配信サービスの人気ランキング(2020年3月更新)

動画配信サービスのランキングは、各調査機関が有料配信サービスの利用者数や満足度を発表したり、無料配信サービスは自社の利用者数を公表しています。主要な有料配信サービスと無料配信サービスの概要をランキングで紹介します。

有料配信サービス

 

第1位

アマゾンプライムビデオ

EC大手のAmazonの会員「プライム」の特典として提供・運営されているアマゾンプライムビデオ。圧倒的な知名度と価格に比べて多い見放題の作品数、バチュラーシリーズなどアマゾンが独自のコンテンツも多数。

アマゾンプライム公式サイト

サービス名Amazonプライムビデオ
運営会社Amazon
サービス形態月額見放題+レンタル
月額費用年額4,900円
(もしくは月額500円)
作品数見放題:32,000
レンタル:40,000
利用者数500万人以上
満足度普通
無料お試し期間30日間

第2位

Hulu

日本テレビの子会社が運営するHuluは、日本テレビのドラマを中心に洋画・邦画など50,000作品以上、日テレ24などリニア放送が視聴できます。日本テレビのドラマの外伝などはHuluでしか観れないコンテンツとなっています。

サービス名Hulu(フールー)
運営会社HJホールディングス
サービス形態月額見放題
月額費用月額1,026円
作品数見放題:50,000以上
利用者数180万人以上
満足度高い
無料お試し期間2週間
(FireTV: 4週間)

第3位

Netflix

世界最大の動画配信サービスのネットフリックスは、映画・テレビ番組加えて自社制作のレベルの高い映画やドラマを提供しています。海外の作品だけでなく、全裸監督、嵐のVoyage、充実したアニメなど日本のコンテンツも充実しています。

サービス名ネットフリックス
運営会社ネットフリックス
サービス形態月額見放題
月額費用ベーシック 800円
スタンダード 1,200円
プレミアム 1,800円
作品数見放題:50,000以上
利用者数172万人以上
満足度高い
無料お試し期間なし

第4位

DAZN

DAZNはスポーツ専門のライブ中継・見逃し配信のサービスです。プロ野球、Jリーグ、欧州サッカーなどの著名なスポーツからF1、ラグビー、バレーボールまで独占配信も多いためスポーツ好きであれば契約必須です。

サービス名DAZN(ダゾーン)
運営会社DAZNグループ
サービス形態月額見放題
月額費用月額:1,780円
ドコモ:980円
作品数見放題:10,000試合以上
利用者数120万人以上
満足度普通
無料お試し期間1ヶ月

第5位

U-Next

U-Nextは8万以上の見放題の映画、ドラマやアニメ、NHKオンデマンドなどの他社コンテンツ、充実したレンタルとポイントの仕組み、そしてアダルトコンテンツという間口の広い動画配信サービスです。

サービス名U-Next
運営会社USEN
サービス形態月額見放題+レンタル
月額費用1,990円
(月1,200ポイント含む)
作品数120,000以上
利用者数160万人以上
満足度普通
無料お試し期間1ヶ月

第6位

FOD

フジテレビが運営する動画配信サービスFODは、フジテレビのドラマ、アニメやバラエティ番組を中心に、邦画、オリジナルの番組やスポーツをカット・中断なしに視聴することができます。一部コンテンツは無料で視聴も可能です。

サービス名FOD
運営会社フジテレビ
サービス形態月額見放題+無料+レンタル
月額費用888円
(月100ポイント含む)
作品数20,000以上
利用者数80万人以上
満足度普通
無料お試し期間1ヶ月

第7位

Paravi

TBS主体に日経、WOWOWや広告代理店が運営する動画配信サービスのParaviは、TBS・テレビ東京のドラマ、日経からビジネス番組、WOWOWのスポーツなど出資会社の豊富なコンテンツを視聴できる。

サービス名Paravi
運営会社PPJ
サービス形態月額見放題+レンタル
月額費用1,017円
(500円のレンタル込)
作品数8,000以上
利用者数40万人以上
満足度普通
無料お試し期間2週間

第8位

Disneyシアター

Disneyデラックスという月額会員で観ることができる動画配信サービスがDisneyシアター。マーベル、スターウォーズ、ピクサーにディズニーの映画やアニメというディズニーの映画やテレビ番組を視聴できます。

サービス名Disney Theater
運営会社ディズニー、ドコモ
サービス形態月額見放題
月額費用700円
作品数300以上
利用者数30万人以上
満足度高い
無料お試し期間1ヶ月

第9位

dアニメストア

NTTドコモが運営するdアニメストアは、アニメに特化した動画配信サービスです。古いアニメから最新作までのラインアップに加えて、2.5次元の舞台やアニソンまでアニメを楽しむコンテンツが豊富に用意されています。

サービス名dアニメストア
運営会社NTTドコモ
サービス形態月額見放題+レンタル
月額費用400円
作品数3,000以上
利用者数200万人以上
満足度高い
無料お試し期間1ヶ月

第10位

dTV

NTTドコモのdTVは、Avexグループが運営しているためライブやMVなど音楽コンテンツが充実しています。ユーザー数は多いもののドコモの契約で意識せずに入っている人も多いようでコンテンツのラインアップもばらばらな印象。

サービス名dTV
運営会社エイベックス
サービス形態月額見放題+レンタル
月額費用500円
作品数120,000以上
利用者数600万人以上
満足度低い
無料お試し期間1ヶ月

無料配信サービス

第1位

TVer

民放各局が運営するテレビ番組の見逃し配信専用の動画配信サービス。ドラマ・バラエティを中心にテレビでの放送終了後に配信が開始されて1週間ごとに最新の番組に切り替わります。広告により運営されるため無料です。

サービス名TVer
運営会社プレゼントキャスト
サービス形態無料
月額費用
作品数200番組以上
利用者数1500万以上
満足度普通
無料お試し期間

第2位

AbemaTV

サイバーエージェントとテレビ朝日が運営するリニア放送のインターネットテレビ局。バラエティ、ドラマ、アニメ、ニュースなど25のチャネルで普通のテレビと同じように時間ごとに番組を放送しています。

サービス名AbemaTV
運営会社サイバーエージェント
サービス形態無料
月額費用放送中の番組は無料
見逃視聴:月960円
作品数25チャネル
利用者数1500万以上
満足度普通
無料お試し期間

第3位

Gyao!

Yahoo!が運営する基本無料の動画サービス、無料・登録不要という手軽なサービスです。映画、アニメや木村拓哉の番組など独自のコンテンツもありますが、韓流のコンテンツが豊富なのも特徴です。新作はレンタルで視聴可能です。

サービス名Gyao!
運営会社Yahoo! Japan
サービス形態無料+レンタル
月額費用
作品数50,000番組以上
利用者数1,900万人
満足度普通
無料お試し期間

第4位

テレビ局見逃し配信サービス

日テレTADA、TBSフリー、テレビ朝日キャッチアップ、ネットもテレ東と知名度はあまりないのですが、TVerとは別に見逃し配信を各局が行っています。それぞれのサービスでしか配信していない番組もあります。

サービス名 
運営会社テレビ局各社
サービス形態無料
月額費用
作品数50-100番組以上
利用者数不明
満足度普通
無料お試し期間

タイプ別動画配信サービスを選ぶポイント

それぞれ特徴を競う20社以上のサービスが乱立しています。無料のものはとりあえず試してみるとしてもすべて試していたら時間がいくらあっても足りません。自分の好きなカテゴリーや視聴スタイルにあったサービスを調べる参考に、タイプ別のオススメサービスをご紹介します。

特定のジャンルをよく観る

アニメ、スポーツ、韓流ドラマ、アダルトなど特定のジャンルをよく観るという方向けにそれぞれのカテゴリーに強いサービスを紹介します。

とはいえ、全部入る必要があるの?となってしまうので、もっとも利用者数の多いアマゾンプライムビデオを基準に、ジャンルが好きな人はプライムビデオより上位であれば入る価値があるという紹介になります。

アニメ

大人向けから子供向けまで幅広いラインアップをアマゾンプライムビデオが見放題で提供していますし、レンタルも充実しています。

新作に強く見放題の作品もそこそこの数で月額400円とコスパの高いdアニメストアとアニメ放題は、どちらかに入っておくとプライムビデオと補完性が高いサービスです。また、Netflixはアニメでも独自コンテンツの制作を行っており、アニメ制作会社と連携して2020年4月スタートの攻殻機動隊などNetflixだけでみられるコンテンツを充実させています。

ディズニーシアターはディズニーアニメ、バンダイチャネルはガンダムと自社コンテンツに強みがあります。アマゾンプライムビデオ以外の総合系では、HuluかU-Nextがアニメ対応が高いです。Huluが独占先行視聴があるので、Huluがアニメ分野ではオススメです。

サービス月額料金無料期間特徴
dアニメストア400円1ヶ月アニメ、新作見逃し対応が多い
Netflix800円なし独自アニメ多数
アマゾンプライムビデオ500円1ヶ月
アニメ放題400円1ヶ月劣化dアニメストア、ソフトバンク系に入会している方はお得
ディズニーシアター700円1ヶ月ディズニーアニメ好きの方、お子様
バンダイチャネル1,000円1ヶ月ガンダム!
Hulu1,026円1ヶ月
U-Next1,990円1ヶ月

アニメ好きならとりあえずアマプラとdアニメストア!

スポーツ

アマゾンプライムにはプライムチャネルというサービスがあり、J-Sportsなどをプライムビデオから別途月会費を払って視聴可能ですが、スポーツは弱いです。その他のHulu, U-Nextなど総合計は総じて見放題では弱いので追加の費用が必要があります。他の国ではプライムビデオがNFLやプレミアリーグを持っているので、日本でも今後に期待ですが、現時点ではスポーツは他のサービスに入ることが必須です。

DAZNはほぼすべての野球、サッカーファン必須のサービスです。AbemaTVは格闘技や相撲など、RakuteTVはNBAを日本で全試合観るのであれば唯一のチャネル、J-Sportsはラグビー・スケートや自転車、WoWoWはテニスが強く、新日本プロレスワールドのような特定の団体が行っているサービスもあります。あまり知られていませんが、レッドブルTVはエナジードリンクのレッドブルが運営するサービスで、WRCやF1、その他多くのエクストリームスポーツを無料で見ることができます。

サービス月額料金無料期間特徴
DAZN1,780円1ヶ月プロ野球、Jリーグから世界のスポーツを網羅
AbemaTVなし格闘技や相撲などの中継を行っている、リアルタイムの視聴は無料
レッドブルTVなしWRC、F1やエクストリームスポーツのコンテンツが無料で見放題
アマゾンプライムビデオ500円1ヶ月J-SPORTSを2,178円で契約可能
Rakuten TV2,149円1ヶ月パリーグ、フジテレビNEXTなどを追加料金で視聴可能、NBA楽天も。
J-Sportsオンデマンド2,400円なし衛星放送時代からのスポーツチャネルのVOD版
新日本プロレスワールド999円なしプロレス好きの方に
WOWOW2,530円1ヶ月テレビ経由での契約必須で手間ですがテニスに強い
NHK+1,310円なし相撲、スケートなど多くのスポーツを中継

スポーツは総合系と言われるアマプラ、Hulu、U-Nextの弱点。DAZNは画質がひどくてがっかりすると思うけど、他に選択肢がないしDAZN for DOCOMOなら980円と安いかな。

スポーツ系は高いから、ずっと入りっぱなしより、自分の好きな競技のシーズンだけ入って、終わったらさっさと退会するのが正解。野球みたい人は11−2月の4ヶ月間退会してオープン戦開始にあわせてDAZNに再契約みたいな方法かな。

戦隊モノもプリキュアも古い作品からずっと観れちゃうから、欲しいおもちゃが数世代前のもので売ってないことも。ブックオフとかで安いものならいいけど、プレミアムがついているおもちゃもあるので気をつけておかないと。

子供が楽しむ

子供が大好きなアニメ、戦隊モノは少し昔のものから最新作までアマゾンプライムビデオはラインアップを揃えています。とはいえ、すべてを網羅しているわけではないので他のサービスに入る価値はあります。

Huluはキッズ向けのページがあって、子供番組や映画だけを集めているのでどの年齢層のお子さんでも楽しめるサービスになっています。おかあさんといっしょ、アンパンマンといったプライムビデオが弱いシリーズもしっかり見放題で収録しています。1−5歳児のような幼児はとくにおすすめです。

小学生以降だとプライムビデオでほとんどカバーできるのですが、女の子の場合だけはプリキュアが弱いのです。そこで、プリキュアをしっかり見れるのがネットフリックスになります(2020年3月からプリキュアシリーズ映画25作品がプライムビデオに追加されました)。

男の子の場合は、プライムビデオにポケモン、特撮がそろっているのでプライムビデオだけでもいいかもです。

ディズニーランドやディズニー・ピクサーのアニメや映画が大好きという子にはディズニーシアターが最適です。

サービス月額料金無料期間特徴
Hulu1,026円1ヶ月キッズ向けページで幼児向けコンテンツを網羅
Netflix800円なしプリキュアを見放題で見たいならNetflix一択
アマゾンプライムビデオ500円1ヶ月4歳以降の子供向け、特に男児向けは充実
ディズニーシアター700円1ヶ月ディズニー作品・ディズニーランド好きの子には最適

キッズ向けのメニューはどのサービスも持っているので、子供が安心して楽しめるコンテンツを選べるようになっている場合が多いです。

アマゾンプライムビデオでほとんどの子供は満足すると思うけど、プリキュアとか絶対欠かせないコンテンツはサービスに入った方がオススメです。

英語を学ぶ

海外のドラマや映画を観て英語を楽しく学習しようという方にはアマゾンプライムビデオはあまり役に立ちません。英語字幕はなく、字幕と吹替えを切り替えられずそれぞれ別のタイトルとして収録されている仕組みは検索性も悪く使い物になりません。

Netflix、HuluとDisneyシアターは、英語字幕の表示、日本語字幕・英語字幕の切替もできる英語学習に最適なサービスになります。それぞれ自分のレベルにあったサービスを選ぶことで効果的な英語学習ができます。

初級者は比較的平易なボキャブラリーが使われているディズニー作品を集中して利用するのがオススメなのでディズニーシアター、中級以降はドラマで口語表現を含むボキャブラリーを増やすために、連続ドラマをNetflixやHuluで視聴しましょう。

サービス月額料金無料期間特徴
ディズニーシアター700円1ヶ月初心者に最適なディズニー作品
Netflix 800円なし オリジナルドラマを楽しむなら
Hulu1,026円1ヶ月 海外ドラマのラインアップが豊富
アマゾンプライムビデオ500円1ヶ月英語学習には使えない

まずは、ピクサーの映画やディズニーのアニメを普通のスピードで聴けるところまでを目標にしてるので、ディズニーシアターを契約しています。

私は少し上達したし、海外ドラマ好きだから、フレンズとか昔のドラマがたくさんあるHuluにステップアップ。

視聴可能な主なデバイス

動画配信サービスは、スマホ、タブレット、パソコンで視聴することができます。加えて、スマートテレビやストリーミングデバイスを利用してテレビの大画面で視聴する、PS4などのゲーム機で視聴することができるサービスもあります。

テレビの大画面で楽しむ方法

迫力ある映画、スポーツは大画面で見た方が楽しい。いつも見ているテレビの画面でアニメやテレビの見逃し配信は見たい、小さい画面を覗き込んで見ていると目が悪くなりそうで心配と、動画配信サービスをいつものテレビで見れるといっそう楽しむことができます。

テレビで動画配信サービスを楽しむ方法としては、配信サービスに対応したスマートテレビで見る方法、テレビに追加の機器を使ってうつす方法、スマホからテレビに転送する方法の3種類があります。それぞれのメリット・デメリットがあります。

スマートテレビの配信サービスは対応するサービスが4種類程度と少ないこと、そしてとにかく動作が遅くていらいらします。ミラーリングはChromcastなどテレビに接続するデバイスが2-3000円で売っていて古いテレビでも使えるのですが、番組視聴中にスマホが使えないことは結構致命的です。見ている間にLINEをしたくても視聴中なのでいったん止めなければいけなかったり不都合が多い。

ということで、快適な生活を送りたい場合は、アマゾンのFire TVやアップルのApple TVといったストリーミング機器をオススメします。Fire TVであれば4980円とお求めやすい価格で古いテレビでも動画配信サービスを大画面で楽しめます。

方法メリットデメリット
スマートテレビ
テレビに内蔵された
配信サービスのメニューを
利用
・テレビだけですっきり
・リモコンも1種類だけ
・追加投資がいらない
・対応サービスが端末により違う
・とにかく遅い、もっさり
・古いテレビの場合買い替え
ストリーミング機器
Fire TV、AppleTVなど
テレビで配信サービスを
楽しめる機器を設置

・いろいろなサービスが利用可能
・はやくて、簡単
・テレビの買い替えより安い
・古いテレビでも使える

・5000円以上追加費用
・WiFiが必要
・リモコンが2つになる

スマホからミラーリング
Chromcastのように
モバイルの画面をテレビに
転送するサービスを利用
・いろいろなサービスが利用可能
・テレビの買い替えより安い
・古いテレビでも使える
・追加費用
・WiFiが必要
・リモコンが2つになる
・スマホが占有される
・テレビを見ながらスマホが使えない

スマホやタブレットじゃあ小さくて字幕も読めないよ!Fire TVをアマゾンのセールで買ってテレビで観ると大きな画面でみれるのが便利だし、楽しいね。

うちの子供はなにを観てるのか確認できるから、スマホではなくFire TVで観させています。スマホだと眼や耳が悪くなるのも心配だし。

海外の動画配信サービス事情

日本の定額動画配信サービス利用率はいまだ30%以下という状態ですが、ネットフリックスやアマゾンの本拠地アメリカでは、78%の世帯がサービスを利用するなど広く利用されています。その結果、ネットフリックス、アマゾンといったサービスに加えて、ディズニーなどの映画会社やNBCのようなテレビ局が参入して、多くのサービスがしのぎを削る戦いになっています。特に、2020年からの競争はStreaming Warと言われて注目を集めています。

Adapt or Die: Why 2020 Will Be All About Entertainment’s New Streaming Battleground
From a consolidation of historic Hollywood studios and the reunification of two major media companies to Apple taking the leap into content as the streaming war...

日本でもNHKがNHK+としてテレビ放送のネット配信を開始しました。テレビの仕組みにのっているWOWOWも2020年末からB-CASカードなしで利用できるサービスを開始するなど、世界の動きに日本のサービスも影響を受けてより便利になります。最新の情報をもとにおトクで便利なサービスを楽しめるようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました